賃貸オフィスを契約する時は不動産選びから始めよう

専門的なことが知りたい時は不動産に相談しよう

経営の始め方

賃貸経営をするときの工夫

賃貸経営を始めようと思ったら、どういった形態で進めていくかを決めておいてもいいでしょう。賃貸経営といっても、物件のタイプはさまざまです。一棟丸ごとマンションやアパートを経営するのか、区分所有でマンションを所有していくのかということでも違ってきます。ある程度の方向性を決めておくと、物件を増やすときも効率がいいかもしれません。しかし、いい物件を見つけて、利回りがいいと思ったならば、経営スタイルを変えるというのも、時には有益ですので、自分で判断していきましょう。 賃貸経営をしていくときは、利回りをしっかりと計算することが大切です。不動産会社が示している利回りではなく、かかった費用を合算した利回りを出すことが必要だといえるでしょう。

不動産投資をするときのこと

賃貸経営といったら、どこかのマンションなどを買って貸し出すというスタイルが多いですが、賃貸住宅を新築で建てて貸し出すということもあります。また、賃貸併用住宅といって、自分の自宅のスペースに賃貸用の住居も建てるというスタイルも多くなりました。新しく建てることで、長期間に渡って賃貸経営をしていこうという場合もあります。 また、賃貸経営というと、自分で管理しなければならないというイメージを持っていることもありますが、管理会社などに任せることで、大家側は特に何かするということがない場合もあります。 賃貸併用住宅などでも、管理してくれる会社がしっかりと取り組んでくれますので、煩わしさも少ないといえるでしょう。