賃貸オフィスを契約する時は不動産選びから始めよう

専門的なことが知りたい時は不動産に相談しよう

家賃相場を把握する

家賃相場を知ることで、賃貸住宅での暮らしがより快適でお得になります。

賃貸住宅を決める際には、家賃相場を十分に把握しておくことで、お財布にも余計な負担がかからず、その後一般的には2年間ほどの契約期間中の暮らしが快適になります。 賃貸住宅の場合はエリアは駅からの距離、広さや築年数で概ね家賃相場が決まってきます。こういった家賃相場は、地元に不動産会社が複数ある場合には壁に貼り出されている広告を見ても分かりますし、今ではインターネットでの検索が非常に便利です。 家賃相場と大きく離れている場合には、それなりの事情があることが多いものです。例えば、相場よりもかなり高い家賃を設定している賃貸住宅会社などでは、恒常的にキャンペーンを行っていますし、いずれにしても、どうして相場と離れているのかは内見の際などに担当者に尋ねてみると良いでしょう。

賃貸住宅の平均的な家賃は、地域によって大きく異なります。

同じような広さや設備の賃貸住宅でも、家賃は地域によって大きな差があります。 最も高いのが首都圏や京阪神エリアの都心部ですが、都内でも、昔ながらの風呂が付いていない古いアパートなどが残っていることもあります。これは逆に言えば、需要があるということで、そのエリアの家賃相場が高いということでもあります。 地方都市では比較的低い家賃で、ゆとりのある物件に住むことが出来ることも多く、車での生活に慣れていれば快適でしょう。 都心部、特に東京都内で賃貸住宅を借りようとすると、新社会人の給与レベルでは広さや駅からの距離などを多少妥協する必要があるかもしれません。 こういった場合には、山手線の外側で、勤務地などに直通の列車が走っているエリアも検討してみると良いでしょう。